本文へスキップ

地質調査技士

土木現場の資格ガイド

土木作業現場

土木現場の資格ガイドHEADLINE

地質調査技士


地質から建築物の安全を追求する

■仕事内容

ボーリングなどで地質を調査 
建設工事規模の巨大化・複雑化にともない、ボーリングなどによる地質・土質調査の結果が建築物の安全性・耐久性を左右することもある。地質調査技士資格制度は、地質調査の現場業務に従事する主任技術者の技術の維持・向上などを目的に、昭和41年に制度化された。現在、有資格者は1万4千人を超えている。
 
地質調査技士は、国土交通省による業者登録制度の現場管理者認定の基礎資格、発注官公庁によっては現場代理人などの適格者となれる。


■取得方法

試験は部門別に実施 
所定の実務を経験後、資格検定試験に合格する。試験は、現場調査、現場技術・管理、土壌・地下水汚染の3部門に分けて行われる。さらに、現場調査は土質・岩盤の2コース、現場技術は地質・土質試験・物理探査の3コースがあり、あらかじめ選択したコースの問題について解答する。なお、土質試験と物理探査の2コースは隔年での実施となる。


■詳細情報
受験資格: 現場調査=ボーリング関連機器操作の実務経験5年(専門学校の指定課程卒業者は2年)以上
現場技術・管理=大学および工業高等専門学校(5年課程)で地質・土木・建築・地球物理学等の課程を卒業後、実務経験3年(その他は5年または8年)以上
土壌・地下水汚染=大学および工業高等専門学校(5年課程)で環境・地質・土木等の課程を卒業後、実務経験3年(その他は5年または8年)以上
試験科目: 現場調査=筆記:(1)基礎知識、(2)現場・専門技術、(3)調査技術の理解度、(3)管理技法、(5)記述式問題
口頭:地質調査技士として必要な知識・経験等を中心に試問する
現場技術・管理=筆記:(1)社会一般、建設行政等の知識、(2)地質、土木・建築等の知識、(3)現場・専門技術の知識、(4)調査技術の理解度、(5)解析手法、設計・施工への適用、(6)管理技法、(7)入札・契約制度、仕様書等の知識、(8)記述式問題 
土壌・地下水汚染=筆記:(1)社会一般、環境行政等の知識、(2)地質、土木・建築、化学の知識、(3)現場・専門技術の知識1、(4)現場・専門技術の知識2、(5)化学分析、地盤解析等の理解度、(6)管理技法、(7)土壌・地下水汚染修復技術の基礎知識、(8)記述式問題 
※現場調査のみ口頭試験を課す。筆記試験の記述式問題以外はすべて四肢択一式。
申込期間: 7月の第1または第2土曜日
試験日: 4月上旬〜5月中旬
試験地: 札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
受験料: 12,600円
受験者: 1,003人(平成22年度)
合格率: 33.8%(平成22年度)


■問い合わせ先

社団法人 全国地質調査業協会連合会
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-27-18 本郷BNビル2階
TEL:03-3818-7411




土木関連通信講座






土木関連資格