本文へスキップ

砂利採取業務主任者

土木現場の資格ガイド

土木作業現場

土木現場の資格ガイドHEADLINE

砂利採取業務主任者


砂利採取の計画から監督までを行う

■仕事内容

環境保護と災害防止 
砂利は土木工事や建築工事の重要な骨材であるが、無計画に採取すると、自然破壊や大きな災害を招く原因となる。砂利採取業務主任者は、砂利採取の計画、実施、監督を行う責任者である。


■取得方法

受験資格に制限なし 
各都道府県知事が実施する筆記試験に合格する。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: (1)砂利の採取に関する法令
(2)砂利の採取に関する技術的な事項(基礎的な土木および河川工学に関する事項を含む)
試験日: 11月第2金曜日
試験地: 各都道府県が指定する会場
受験料: 8,000円
合格率: 34.1%(平成21年度)


■問い合わせ先

経済産業省 製造産業局住宅産業窯業建材課または各都道府県の砂利担当課




土木関連通信講座






土木関連資格