本文へスキップ

コンクリート技士・コンクリート主任技士

土木現場の資格ガイド

土木作業現場

土木現場の資格ガイドHEADLINE

コンクリート技士・コンクリート主任技士


コンクリート工事の専門技術者

■仕事内容

製造・施工から検査・管理まで 
コンクリート技士は、コンクリートの製造、施工、検査、管理など、日常の技術的業務を実施する能力のある技術者である。また上級のコンクリート主任技士は、コンクリートの製造、工事および研究における計画、施工、管理、指導などを実施する能力のある技術者である。これらのことは、国土交通省の土木工事共通仕様書等において規定されている。


■取得方法

主任技術は筆記と口述 
日本コンクリート工学会が実施する試験に合格する。試験は、技士は選択式と○×式、主任技士は選択式と記述式(小論文)の筆記試験で行われる。また、主任技士は筆記試験の合格者に口述試験が課せられる。


■詳細情報
受験資格: 次のコンクリート技術関係業務の実務経験を有する者。
(1)学歴・年齢に関係なく、技士は3年以上、主任技士は7年以上または技士合格後2年以上 
(2)大学・短大・高専の土木工学・農業土木・建築学に関する課程の修了者およびコンクリートに関する科目の履修者で、技士は2年以上、主任技士は4年以上 
(3)工業高校などの土木工学・農業土木・建築学に関する課程の修了者およびコンクリートに関する科目の履修者で、技士は2年以上、主任技士は5年以上
試験科目: 筆記=コンクリート用材料の品質・試験および管理、コンクリートの配(調)合設計、プラントの計画管理、コンクリートの製造及び品質管理、コンクリートの施工、関係法規など 
※主任技士は他に小論文・口述試験あり。
申込期間: 8月上旬〜9月上旬
試験日: 筆記=11月下旬、 口述=1月下旬
試験地: 筆記=札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄 
口述=東京
受験料: 技士=筆記8,400円。 主任技士=筆記10,500円、口述8,400円。
受験者: 技士=9,340人、主任技士=3,563人(平成22年度)
合格率: 技士=29.8%、主任技士=12.4%(平成22年度)


■問い合わせ先

公益社団法人 日本コンクリート工学会
住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12階
TEL:03-3263-7207




土木関連通信講座






土木関連資格